ワンストップ特例制度

更新日:2021年03月29日

ワンストップ特例制度とは

確定申告が不要な給与所得者などについて、寄附先の自治体が5団体以内の場合で確定申告を行わない場合に限り、寄附先の自治体に申告特例の申請をすることにより、確定申告を行わなくても、ふるさと納税(ふるさと応援寄附)に係る寄附金控除を受けられる特例制度です。

特例申請のための手続き

ワンストップ特例制度の利用を希望する場合は、「申告特例申請書」を記入し、押印の上、添付書類を添えて寄附をした年の翌年1月10日までに以下の送付先へ提出してください(ファックスおよびメールでの受付はできません。)。

ワンストップ特例申請書のダウンロードは以下からお願いします。

送付先

郵便番号 879-4492

大分県玖珠郡玖珠町大字帆足268番地の5

玖珠町役場 企画商工観光課 地域力推進班 ふるさと納税担当 宛

 

平成28年1月1日以後の寄附は、「申告特例申請書」に「マイナンバー(個人番号)」の記入と「マイナンバーの確認」および「身元の確認」ができる書類(写し)の添付が必要になりました。

マイナンバーカードを持っている場合 :『マイナンバーカードの表・裏の写し』

 通知カードを持っている場合 :『通知カードの写し』と『身分証の写し』

両方ない場合 :『マイナンバーが記載された住民票の写し』と『身分証の写し』

 

※特例申請内容に変更が生じた場合

特例申請後に、転居による住所変更など、提出済の申請書の内容に変更があった場合、寄附を行った翌年の1月10日までに、以下の「変更届出書」を上記担当へご提出ください。

 

変更届出書のダウンロードは以下からお願いします。

 

この記事に関するお問い合わせ先

企画商工観光課 地域力推進班

〒879-4492
大分県玖珠郡玖珠町大字帆足268番地の5

電話番号 0973-72-9031 ファックス番号 0973-72-2180

 

メールフォームによるお問い合わせ