ひとり親家庭医療費助成

更新日:2021年04月01日

お母さんと女の子が手をつないでいるイラスト

ひとり親家庭の親及び児童が、医療機関で受診した医療費自己負担分(保険診療分)の全額を助成します。
所得制限があります。

医療機関で資格者証の提示が必要です。

助成対象

  • 18歳になって最初の年度末までの間にある、母子(父子)家庭の母(父)及び児童
  • 18歳になって最初の年度末までの間にある、父母に監護されていない児童

払い戻しに必要なもの

  • 助成金申請書…6番窓口で発行します。
  • 医療機関が発行した領収書
  • 印鑑

申請期間は、受診した翌月から1年以内です。
(例:2021年4月に受診した場合、2022年4月末まで)

助成の対象とならない費用

助成は、医療保険が適用される診療のみが対象です。
健康診断、乳幼児検診、交通事故、診断書等の文書作成料、保険適用外の患者負担金、入院時の食事代等は対象になりません。

こんな時は役場で手続きが必要です

  • 受給資格がなくなるとき
    (親の婚姻(事実婚を含む)、子どもを監護しなくなったとき等)
  • 玖珠町外に転出するとき
  • 加入している健康保険が変わったとき
  • 生活保護を受けるようになったとき
  • 住所、氏名がかわったときなど

資格者証の有効期限

資格者証は、毎年(12月1日)切り替えがあります。
更新時期が近くなりましたら役場から通知を送付しますので、更新手続きにおこしください。

この記事に関するお問い合わせ先

子育て健康支援課 子育て支援班

〒879-4492
大分県玖珠郡玖珠町大字帆足268番地の5

電話番号 0973-72-2022 ファックス番号 0973-72-2112

 

メールフォームによるお問い合わせ