危機関連保証の認定について

更新日:2021年04月01日

危機関連保証(中小企業信用保険法第2条第6項)は、国内外の金融秩序の混乱、その他の事象が突発的に生じたことにより、中小企業について著しい信用の収縮が全国的に生じ、実際に売上高等が減少している中小企業を支援する制度です。

中小企業信用保険法第2条第6項に規定する要件に該当し、町長の認定を受けると、通常の保証枠と別枠で保証が付与されます。

対象となる中小企業者

次のいずれにも該当する中小企業者が対象となります。

  • 金融取引に支障をきたしており、金融取引の正常化を図るために資金調達を必要としている。
  • 下記の認定要件(令和2年新型コロナウイルス感染症)に起因して、原則として、最近1か月間の売上高等が前年同期比で15%以上減少しており、かつ、その後2か月間を含む3か月間の売上高等が前年同期比で15%以上減少することが見込まれている。

現在の認定要件

現在の認定要件は、下記リンクよりご確認ください。

認定申請に必要な書類等

次の1〜4を企画商工観光課まで提出してください。

  1. 認定申請書 2部
  2. 登記事項証明書(個人事業主は確定申告書)
  3. 売上減少比較月の売上高が確認できるもの(試算表等)
  4. 委任状(代理申請の場合)

なお、認定事務の軽減・発行の迅速化を図るため、金融機関による代理申請を原則とします。

この記事に関するお問い合わせ先

企画商工観光課 商工労政・企業誘致班

〒879-4492
大分県玖珠郡玖珠町大字帆足268番地の5

電話番号 0973-72-1151 ファックス番号 0973-72-2180

 

メールフォームによるお問い合わせ