セーフティネット保証4号の認定について

更新日:2021年04月01日

玖珠町では、中小企業信用保険法第2条第5項の規定により、業況の悪化している特定中小企業者を支援するためのセーフティネット保証制度の認定業務を行っています。

新型コロナウイルス感染症による影響を受けている中小企業者への支援措置として、セーフティネット保証4号の発動されています。

セーフティネット認定を受けると、保証限度額の別枠化や保証料率が低くなる等の利点があります。

認定要件

次の要件のいずれにも該当すること

  1. 玖珠町において1年間以上継続して事業を行っていること。
    認定基準の運用を緩和するため、業歴3か月以上1年1か月未満の事業者等も対象となりました。
  2. 新型コロナウイルス感染症の発生に起因して、影響を受けた後、原則として最近1か月の売上等が前年同月に比して20%以上減少しており、かつ、その後2か月を含む3か月間の売上等が前年同期に比して20%以上減少することが見込まれること。

必要書類

次の1~4を企画商工観光課に提出してください。

  1. 認定申請書
  2. 業種が確認できるもの(登記簿謄本、営業許可証、確定申告書等)
  3. 売上減少比較月の売上高が確認できるもの(損益計算書、確定申告書、売上台帳等)
    見込み月の売上については、根拠資料が必要です。売上台帳等の場合は明細が必要となります。
  4. 委任状(代理申請の場合)

なお、認定事務の軽減・発行の迅速化を図るため、金融機関による代理申請を原則とします。

その他

セーフティネット保証4号は被災中小企業者を対象としていますが、その他にも1号から8号までの保証があります。

詳しくは、中小企業庁ホームページをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

企画商工観光課 商工労政・企業誘致班

〒879-4492
大分県玖珠郡玖珠町大字帆足268番地の5

電話番号 0973-72-1151 ファックス番号 0973-72-2180

 

メールフォームによるお問い合わせ