旧豊後森機関庫と転車台

更新日:2021年04月01日

歴史

昭和9年、久大本線の開通に合わせ完成した、扇形の機関庫です。久留米〜大分間の重要なポイントとして役割を担い、玖珠町を大いに栄えさせました。最盛期には25両の蒸気機関車が所属し、1日に5千人以上が利用しました。第2次世界大戦中は軍事輸送の拠点となり、米軍機の機銃掃射も受けています。外壁には今なお弾痕が残り、戦争の記憶を残しています。昭和45年のディーゼル化に伴い、蒸気機関車と共にその役目を終えた機関庫。長らく放置され、一時は解体の意見も挙がりながら、町民による保存活動が開始されました。

現在は公園として整備され、機関庫と転車台は自らの歴史を伝える存在として残っています。
平成21年に旧豊後森機関区の関連遺産として、扇型機関庫と転車台が経済産業省「近代化産業遺産」に認定され、さらに平成24年には九州で唯一現存する扇形機関庫として、旧豊後森機関庫及び転車台は、国の登録有形文化財となりました。

情報

住所

大分県玖珠郡玖珠町岩室36番地の15

駐車場

近隣の公共駐車場をご利用ください。

問い合わせ先

0973-77-2222

扇形の機関庫と転車台の手前に停まっている蒸気機関車の写真

この記事に関するお問い合わせ先

企画商工観光課

〒879-4492
大分県玖珠郡玖珠町大字帆足268番地の5

電話番号 0973-72-7153 ファックス番号 0973-72-2180


メールフォームによるお問い合わせ