鶴ヶ原の景

更新日:2021年04月01日

鶴ヶ原の景とは

県道玖珠山国線(43号)沿いの鶴ヶ原駐車場から、東にスギ、ヒノキ林の中を通り600メートルほど入ると、奇岩群に囲まれえた鶴ヶ原の池があります。この一帯を鶴ヶ原の景と言います。池を取り囲むように立つ溶結凝灰岩の岩石は風化が進み、大きな柱状節理の角がとれ、丸みを帯びた石柱や岩峰が林立する景趣は雄大で、湖畔のアカマツとともに静かな池面にうつりこみます。

国指定名勝耶馬溪

耶馬渓は文政元年(1818)頼山陽が、日田より山国谷に入り、その奇岩奇勝の渓谷美を称賛して『耶馬溪図巻記』に「耶馬渓山天下無」と詩い、ここから耶馬渓と名付け全国に紹介したことで観光地としての人気が高まりました。

大正12年(1923)、国の指定名勝に指定され、昭和25年(1950)「耶馬日田英彦山国定公園」の指定地に含まれています。

さらに、平成29年(2017)、中津市と玖珠町で「やばけい遊覧〜大地に描いた山水絵巻の道をゆく〜」のストーリーで文化庁の日本遺産に認定されています。

情報

住所 大分県玖珠郡玖珠町大字太田
電話 玖珠町観光協会 0973-72-1313

奇岩群や木々に囲まれえた鶴ヶ原の池の写真

この記事に関するお問い合わせ先

企画商工観光課

〒879-4492
大分県玖珠郡玖珠町大字帆足268番地の5

電話番号 0973-72-7153 ファックス番号 0973-72-2180


メールフォームによるお問い合わせ