谷河内の景(東奥山七福神)

更新日:2021年04月01日

谷河内の景(東奥山七福神)とは

平成3年(1991)風速50メートルを超えた台風19号により、樹木に覆い隠されていた大石が突如として姿を現しました。

山林の変わり果てた台風の爪痕の姿に、村人たちは嘆き悲しみましたが、やがて山林の復興を如何にするか、夜なべ談義が進んでいたころ、七つの巨石にしめ縄を貼り、神を宿して東奥山に七福神石を座したと言われています。今では、奇岩「東奥山七福神」と言われています。

紅葉と奇岩が織りなす美しい景色が広がる他、近くの「里の駅 七福堂」では、地元農家の朝採れ高冷地野菜や農産物の加工品、玖珠町の特産品などを販売しています。食堂では、ジビエを活かした料理が提供されています。

情報

住所 大分県玖珠郡玖珠町大字日出生

電話 玖珠町観光協会 0973-72-1313

谷河内の景にある木々と、七福神として奉られている東奥山七福神の岩が写っている写真

この記事に関するお問い合わせ先

企画商工観光課

〒879-4492
大分県玖珠郡玖珠町大字帆足268番地の5

電話番号 0973-72-7153 ファックス番号 0973-72-2180


メールフォームによるお問い合わせ