国指定名勝 旧久留島氏庭園

更新日:2021年04月01日

概要

かつて城を持たなかった小藩の久留島氏が、廃城となった「角牟礼山」の山麗に森陣屋を置いていた時代に、八代藩主・通嘉(みちひろ)が三島宮(現末廣神社)造営時に作り上げた庭園。末廣山の斜面と裾部を利用した御殿に接する「藩主御殿庭園」と末廣山の南端に建てられた「栖鳳桜庭園」、末廣山西側の清水御門前の堀の一部を庭園化した「清水御門前庭」の3つから構成されています。

これらの3つの庭園は、末廣山の高低差、地形、展望を最大限に利用して配置され、園路によって有機的かつ効果的につながれた回遊式の庭園で、国指定名勝となっています。庭園内をゆっくり歩くと、城構えの面影が色濃く残っていることがよく分かります。

栖鳳桜からは城下が見下ろせ、遠くにはくじゅう連山の眺めが素晴らしく、四季を通してゆったり散策できます。

情報

住所 大分県玖珠郡玖珠町大字森885番地

 入園料等なし 年中無休

旧久留島氏庭園にある大きな石碑と、大きな木々が並んでいる写真

この記事に関するお問い合わせ先

企画商工観光課

〒879-4492
大分県玖珠郡玖珠町大字帆足268番地の5

電話番号 0973-72-7153 ファックス番号 0973-72-2180


メールフォームによるお問い合わせ