新型コロナウイルス感染症に関連した人権への配慮について

更新日:2021年05月14日

県内では、感染力が強く重症化リスクも高い新型コロナウイルスの変異株の台頭により、感染が急速に拡大しています。町内においても、感染の拡大が懸念される状況となってきました。

このような状況の中、インターネットやソーシャルネットワーク(SNS)などで、「感染された方やその家族」、「その対策や治療にあたっている医療機関関係者とその家族」、「海外からの帰国者」、「わが国に居住する外国人」などに対する誹謗・中傷等の書き込み等が広がっているとの報道があります。
見えないウイルスへの不安から、感染症が広がっている地域に住んでいる人など特定の対象を嫌悪の対象としてしまうことがありますが、新型コロナウイルスを理由とした、いじめ、偏見や差別につながる行為は、決して許されるものではありません。

町民の皆様におかれましては、不確かな情報や誤った認識に惑わされ、人権侵害に及ぶことのないよう、国や県・町等が発信する正確な情報に基づき、冷静な対応を心がけるとともに、差別や偏見について考え、お互いの人権を尊重した行動をお願いします。

コロナ差別など人権侵害にお悩みの方の相談窓口はこちらから

インターネットでの相談

法務省人権擁護局新型コロナウイルス感染症に関連して(外部サイト)

電話での相談

みんなの人権110番:0570-003-110

受付時間   平日午前8時30分から午後5時15分まで

この記事に関するお問い合わせ先

人権確立・部落差別解消推進課 人権確立班

〒879-4492
大分県玖珠郡玖珠町大字帆足268番地の5

電話番号 0973-72-1112 ファックス番号 0973-72-0810


メールフォームによるお問い合わせ