町長コラム vol.2(2018年12月4日)

更新日:2021年04月01日

玖珠の米

 11月29日、町内で「第2回うまい米! 食味コンテスト」が開催され、9人の審査員の一人として参加しました。
 この日は、地元農家の方が作った新米の「ひとめぼれ」25点の出品の中から、1次、2次審査を通過した10点を、同じ条件で炊いて食べ比べ、味、香り、粘りなどから食味審査を行いました。
 10人の方が丹精込めて作ったとびきり美味しいお米の中から、さらに上位5位が審査で決定、気になる発表は、来年1月の予定だそうです。
 もちろん、票を投じた私自身も結果は知りませんが、どのお米もとてもおいしく、まさに甲乙付け難いお米ばかりでした。
 「玖珠の米は美味い!」というのは、すでに全国的にも大きな評価をいただいているところですが、玖珠に住んで玖珠のお米を食べている私たちにとっては、もしかすると、このおいしいお米に慣れっこになって、玖珠のお米の味が、お米の基準になっている感もあるような…。
 実際、遠方に外出して食事をした際、「何かご飯の味が…。」と感じたことはありませんか、みなさん?
 また、11月17日には、熊本県菊池市で開催された「第2回九州のお米食味コンクール」で、九州各県163自治体から1,571点(43銘柄)のお米が集まり、九州一おいしいお米が決定しました。
 自治体部門で玖珠町が第3位、個人部門では、上位30名に贈られる特別賞に、後藤文雄さん(小田・板屋)、株式会社うめのファーム(大堀真稿代表・綾垣)、幸野孝子さん(日出生・本村)が選ばれました。
 受賞されたみなさん、本当におめでとうございます。日々の努力が結果として認められたことに、私も大変嬉しい思いです。
 新米がおいしい季節、ついつい食べ過ぎでしまいますが、ダイエットへの挑戦と両立しながら、玖珠のお米を毎日おいしくいただいています。

「第2回うまい米!JA玖珠九重うまい米!食味コンテスト」と書かれた紙が壁に貼られ、6人の審査員の方が席に座りそれぞれカップに入れられたご飯を食べて食味コンテストが行われている様子の写真
お米食味コンクールの受賞者のお二人方が賞状を手に記念写真

この記事に関するお問い合わせ先

総務課 秘書広報広聴班

〒879-4492
大分県玖珠郡玖珠町大字帆足268番地の5

電話番号 0973-72-1111 ファックス 0973-72-0810

 

メールフォームによるお問い合わせ