第5回 久留島武彦顕彰 全国語りべ大会

 ※※※ 『第5回久留島武彦顕彰全国語りべ大会』は中止になりました ※※※

 

平成29年8月6日(日)に開催を予定していました『第5回久留島武彦顕彰全国語りべ大会』は、台風5号接近に伴い、出場者・参加者の安全面を考慮して中止になりました。

楽しみにされていたみなさまへは、申し訳ありませんがご了承ください。

 

 

第5回 久留島武彦 全国語りべ大会 【 チラシ表 】(PDFファイル:711.7KB)

第5回 久留島武彦 全国語りべ大会 【 チラシ裏 】(PDFファイル:823.2KB)


 

第4回久留島武彦顕彰 全国語りべ大会が開催されました。

第4回久留島武彦顕彰 全国語りべ大会が8月7日(日)大分県くすまちメルサンホールで開催されました。

大会に先立ち行なわれた、久留島武彦顕彰式においては、久留島会会長より献花が行われました。

その他の方々には、ホールにて折り紙献花コーナーを設け、折り紙による花を作成し、特設献花台に

献花をしていただきました。

今年も公益財団法人日本青少年文化センターが表彰する歴代の久留島武彦文化賞受賞者のみなさまから

多くのメッセージをいただきました。

 

メッセージおよびご来場いただきました久留島武彦文化賞受賞者のみなさま、ありがとうございました。

 

全国語りべ大会では、全国各地から事前審査を通過した小学生の部7名と一般の部7名が出場し、各地の民話

や童話などを表情豊かに語ってくれました。

会場では、来場者(600名)が出場者の素晴らしい語りに引き込まれ、大きな拍手や笑いが起きていました。

 

最優秀賞の久留島武彦賞には、小学生の部で民話「さけどっくり」を語ってくれた、大分県臼杵市下ノ江小学校

4年生 加治屋 凛(かじや りん)さんと、一般の部で童話「ゆめうりふくろう」を語ってくれた宮崎県延岡市

弓削 樹莉(ゆげ じゅり)さんが輝きました。

 

民話「さけどっくり」を発表した加治屋さんは、昨年の大会に続き2回目の出場。昨年は玖珠町長賞を受賞。

また、童話「ゆめうりふくろう」を披露した弓削さんは、全ての出場者を通じて唯一、第1回大会から4年連続

で出場。第1回大会では、小学生の部で玖珠町長賞。第3回大会では、青少年文化センター理事長賞を受賞。

 

地元玖珠町からは、玖珠町立古後小学校4年生 宿利悠太さんが「おこりじぞう」を元気に披露してくれました。

こども審査員による共感賞を見事受賞。

 

第4回全国語りべ大会受賞者一覧(PDFファイル:53.4KB)


 

  小学生の部 最優秀賞      一般の部 最優秀賞    玖珠町から出場(共感賞)
  加治屋 凛さん           弓削 樹莉さん      宿利 悠太さん

 

     第4回全国語りべ大会出場者

 

ホールでは「武彦とこいのぼり」の展示を開催しました。”久留島武彦”と”こいのぼり”の歴史をパネル展示。

日本童話祭に登場する”ジャンボこいのぼり”の活躍ぶりを来場者の方に紹介しました。

2階ホールには、50mある青鯉を広げて展示。大きさを実感して頂きました。

 

        

  

             展示「武彦とこいのぼり」の模様

 

  
             ”ジャンボこいのぼり”展示の模様

 

 

 

 

 

 





 

このページの先頭へ
更新日:2017/8/5

玖珠町役場

〒879-4492
大分県玖珠郡玖珠町大字帆足268番地の5

TEL 0973-72-1111(代)
FAX 0973-72-0810