玖珠町第5次総合計画

  自然を愛し 子どもとともに 夢を育み
  誇りを持てる 心のふるさと 玖珠
  〜童話の里づくりを引き継ぐ玖珠町〜

1 計画策定の趣旨

本町では、平成13年度から平成22年度までの10年間を計画期間とする玖珠町第4次総合計画を策定し、「『自然と子どもの王国』くす 童話とテーブルマウンテンの里」を将来像として掲げ、その実現に向けまちづくりを進めてきました。

玖珠町第4次総合計画の目標年次である平成22年度を迎えた現在、社会経済の低迷、少子・高齢化の急速な進行、地球的規模での環境問題、高度情報通信社会の到来など社会経済情勢は大きな変革の時期にきています。

さらに、三位一体の改革を始めとする様々な制度改正や地方分権の推進など、行政を取り巻く状況も大きく変化しています。

このような中、今後さらに厳しさを増すことが予想される財政状況などを勘案し、各種の政策課題に対して住民と行政との協働のもと、新しい時代にふさわしい「真に自立可能・持続可能な玖珠町」の創造を進めていく必要があります。

そのため、町の抱える課題を解決する方策を導き、長期的なまちづくりを示す指針となる玖珠町第5次総合計画を策定しました。

 

2 計画の目標年次

総合計画の目標年次は、平成32年度(2020 年度)とします。

 

3 計画の構成と計画期間

総合計画は、「基本構想」「基本計画」「実施計画」で構成されています。

【基本構想】

基本構想は、本町の目指すべき将来像及び基本理念を定め、その実現のための施策の基本的な方向性を示すものです。

★ 計画期間: 平成23 年度〜 平成32年度(10年間)

【基本計画】

基本計画は、基本構想に掲げる将来像を実現するための施策を具体化し、各分野での取り組むべき施策の基本方向と、それを実現するための主要な事業計画を示すものです。

★ 計画期間:平成23年度〜平成32年度(10年間)としますが、本町を取り巻く情勢の変化に対応するため、前期5年間・後期5年間の2区分とします。

前期基本計画: 平成23年度〜 平成27年度(5年間)

後期基本計画: 平成28年度〜 平成32年度(5年間)

 

総合計画表紙    PDF:619kb

町長挨拶       PDF:666kb

目次          PDF:936kb

序論          PDF:4,561kb

    基本構想       PDF:3,012kb

    基本計画       PDF:4,679kb

    資料          PDF:720kb

 



 

このページの先頭へ
更新日:2017/8/8

玖珠町役場

〒879-4492
大分県玖珠郡玖珠町大字帆足268番地の5

TEL 0973-72-1111(代)
FAX 0973-72-0810