玖珠町の概要

玖珠町の位置、地形

玖珠町は大分県の西部に位置し、総面積は286.51平方キロメートル、県全体の4.5%を占めています。九州では第一の河川である筑後川の上流、玖珠川が東西に貫流し、落差が大きい三日月の滝、清水瀑園をはじめ滝や湧水地が随所に見られます。
また、玖珠盆地を取り囲むように、我が国最大の二重メーサー台地の万年山、伐株山、岩扇山、鏡山がそびえています。また、北境に接して耶馬渓、南境には九重連山さらに東方には4千haに及ぶ日出生台原野が広がり、豊かな山なみの懐に抱かれている印象を受けます。隣接する市町村は九重町、日田市、中津市、宇佐市、由布市、小国町(熊本県)があります。
玖珠町内には、JR久大線(豊後森駅、北山田駅)がとおり、主要幹線道路として東西に大分自動車道(玖珠IC)、国道210号線、南北には国道387号線がとおり、福岡・北九州・熊本へ90分圏内、大分市には60分圏内に位置する交通の要衝となっています。

 

人口

玖珠町の人口は平成22年度国勢調査で17,054人、生産人口(15〜64歳)は9,639人、高齢者(65歳以上)は5,201人です。

 

文化・歴史

玖珠町には旧石器時代以前から人が住み始めたとされ、旧石器時代からの遺跡・出土品が多く発見されています。奈良時代に編纂された「風土記」のうち「豊後風土記」にも「球珠の郡」の記述があります。太古の昔より人が住み、はぐくまれた玖珠の地は神社仏閣などをはじめとした多くの文化財を残しています。30を越す神社では季節ごとのお祭りがそれぞれ開催されています。また、自然についても大岩扇山は国指定の天然記念物に指定されています。

旧森地区エリアは、環境整備事業の実施により、森地区の町並みが整備され、歴史風情が漂う町並みとして観光のスポットとなっています。

また、平成29年には、三島公園内(旧久留島氏庭園横)に久留島武彦記念館が開館し、体験型施設として子どもから大人までが楽しめる新しい観光スポットとなっています。

 

その他環境

豊後森駅を中心に商店街・病院、国道210号線には大規模店舗や病院・学校があり、アパートなども多く、宅地造成も盛んです。また、市街地エリアには、体育施設として玖珠町B&G海洋センターが、国道210号線沿いには玖珠町総合運動公園があり、住民の

憩いの場として親しまれています。

上記ダウンロードファイルファイルを開くには、AdobeReaderが必要です。AdobeReaderのダウンロード

 

 

このページの先頭へ
更新日:2017/8/10

玖珠町役場

〒879-4492
大分県玖珠郡玖珠町大字帆足268番地の5

TEL 0973-72-1111(代)
FAX 0973-72-0810