海外渡航者への注意喚起について

 近年、ヨーロッパ地域において麻しん報告数の増加が確認されています。

 特にイタリアとルーマニアにおける報告数の増加が顕著であることが、ECDC(欧州疾病対策センター)から

発表されました(※1)。

 ※1 ECDC 平成29年第32週感染症状況報告より

 

 ○イタリアの状況

  ・本年8月4日時点で4,087名の麻しん患者が報告されている(昨年は年間861名)。

 

 ○ルーマニアの状況

  ・本年8月4日時点で6,486名の麻しん患者が報告されている(昨年は年間1,969名)。

 

 

 海外渡航者につきましては、下記2点について確認をお願いします。

 

 1.麻しんにかかったことが明らかでない場合、渡航前には、麻しんの予防接種歴を

   母子手帳などで確認し(※2)、2回接種していない場合は予防接種を検討する

  ※2 麻しんの既往歴や予防接種歴が不明の場合は、抗体検査を検討する

 

 2.帰国後には、2週間程度は麻しん発症の可能性も考慮して健康状態に注意する

 

 

【関連リンク】

 ・麻しんリーフレット(PDFファイル:854.5KB)

 

このページの先頭へ
更新日:2017/8/29

玖珠町役場

〒879-4492
大分県玖珠郡玖珠町大字帆足268番地の5

TEL 0973-72-1111(代)
FAX 0973-72-0810