児童手当

児童手当とは

 家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的に支給される手当です。

支給対象

 受給対象者は、玖珠町に住所を有し、中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童を養育している方です。
 父母がともに児童を養育している場合は、原則として、恒常的に所得の高い方(生計中心者)が、手当の受給対象者になります。

※児童が日本国内に住んでいる場合に支給します。
※父母が離婚協議中などにより別居している場合は、児童と同居している方に優先的に支給します。
※児童養護施設等に入所している児童については、施設の設置者等に支給します。
※公務員の方は、勤務先に申請し、勤務先から支給されます。

 

手当月額

手当は通常2月、6月、10月に前4か月分を支給します。支給額は、「対象となる児童の年齢や人数」「請求者の所得額」等により決定します。

・0歳〜3歳未満      15,000円
・3歳〜小学生       10,000円 (第3子以降 15,000円)
・中学生           10,000円

※児童を養育している方の所得が下記の所得制限限度額以上の場合、特例給付として お子さんの年齢にかかわらず一律5,000円を支給します。

 扶養人数  所得制限限度額(税所得額)
 0人  622万円
 1人  660万円
 2人  698万円
 3人  736万円
 4人  774万円
 5人  812万円

1 所得税法に規定する老人扶養親族がある者についての限度額は、一人につき6万円を加算した額。
2 扶養親族が6人以上の場合は、一人につき38万円を加算した額。
3 請求者の所得額から一律8万円(児童手当法施行令第3条第1項による控除)を控除します。

※「第3子以降」とは、18歳の誕生日後の最初の3月31日までの養育している児童のうち3番目以降をいいます。

児童手当を受給するには申請が必要です

次の場合、必ず15日以内に申請を行ってください

・お子さんが生まれたとき
・転出、転入されたとき

・子どもを新たに養育することになったとき

・受給者が公務員となったとき、公務員でなくなったとき

※原則として申請日の翌月分からの支給となります。ただし、出生日や転入日が月末に近い場合、申請日が翌月になっても出生日や転入日の翌日から15日以内であれば、申請月分から支給します。
申請が遅れると遅れた月分の手当を受けられなくなりますのでご注意ください。
 

申請に必要なもの

・印鑑
・振込先の通帳(受給者名義のものに限る)
・受給者本人の保険証または保険証のコピー
・平成29年度所得課税証明書(平成29年1月1日に玖珠町に住所がない方のみ)

現況届(毎年6月に提出が必要です)

 児童手当を継続して受給するために、毎年6月に現況届の提出が必要です。この届により、児童の養育状況や受給者の所得など受給資格を確認します。

 5月下旬〜6月上旬ごろ、案内通知を送付しますので、必ず提出してください。なお、現況届の提出がない場合は、6月分以降の手当の支給が差止となりますのでご注意ください。


このページの先頭へ
更新日:2017/8/17

玖珠町役場

〒879-4492
大分県玖珠郡玖珠町大字帆足268番地の5

TEL 0973-72-1111(代)
FAX 0973-72-0810