文字の大きさ:

  • 小
  • 中
  • 大
色合い:

万年山だより 13

 自然の脅威をまざまざ感じさせられました。

 梅雨に入るまでは水田の水取りができない状態でしたが。。。

 7月3日、玖珠町は集中豪雨に見舞われ、一時は町内全域に避難勧告を発令しました。

 1時間の雨量は日田市(花月観測所81mm)、中津市(下郷観測所73mm/h)でそれぞれ観測史上1位の短時間雨量が記録されました。氾濫した日田市・中津市水系の分水嶺にあたる、玖珠町古後地区の雨量は確認できませんが、それ以上だったかもしれません。

 
 

  

  古後地区は至る所で県道・町道が寸断され、河川の土手、堤防は破壊され川が氾濫し、また、山から流れ出た水は川の様になり道路が水浸しになったとの通報を受けました。

 4日、5日 7日、8日と現地を見に行きましたが、被害は甚大でした。

 河川沿いの水田は濁流に洗われ、大小様々な石が残っていました。

 流水の影響で新たな川が出来て、川の流れが変わっている場所もありました。

     
 

 下河内地区の道路のアスファルトは水で流され、めくりあがり道路の体をなしていません。そんな中でも梶原地区の川(三日月湖ができた地域)でカワセミが木の枝に止まっていました。又、下河内地区の川ではカジカの透明な鳴き声が響いていました。

 自然の怖さ、残酷さと自然の営みを同時に感じました。

 昭和28年に九州北部で大水害がありましたが、当時を経験している地元の古老によると、その時以上に川が氾濫したとの事でした。

 幸いな事に人的被害がなかったことがせめての救いです。

 
 
 

 
 

 7月6日に『玖珠町災害対策連絡室』を設置しました。県知事、地元選出の国会議員、県議会議員の先生方にもすぐ現地に来て頂きました。また、各方面からお見舞いをいただきこの場を借りてお礼申し上げます。
 日本の文化、伝統である水田を守らなければなりません。早急な復旧が課題です。スピードをもって対応していく所存です。

 

                                                       平成24年7月9日      


  バックナンバー

  万年山だより 1  万年山だより 2  万年山だより 3  万年山だより 4  万年山だより 5   

  万年山だより 6  万年山だより 7  万年山だより 8  万年山だより 9  万年山だより10

  万年山だより11  万年山だより12

 

  町長の部屋に戻る






 

このページのお問合せ先
玖珠町役場
〒879-4492
大分県玖珠郡玖珠町大字帆足268番地の5
総務課 総務係  
電話番号 0973-72-1111  FAX番号 0973-72-0810
更新日:2017/8/17

玖珠町役場

〒879-4492
大分県玖珠郡玖珠町大字帆足268番地の5

TEL 0973-72-1111(代)
FAX 0973-72-0810

役場へのお問合せ