文字の大きさ:

  • 小
  • 中
  • 大
色合い:

鬼ヶ城(おにがじょう)

 鬼ヶ城(おにがじょう)

 じゃがのう、しばらくするとポッポッと雨が降り始めて来たんじゃ。

 「こりゃいかん。善神王のやつ、なかなかやりおるわい。わしらも仕事にかからななるめえ。」と鬼たちは、岩を運び始めたんじゃ。

 なんせ大きな鬼たち三人が岩を運ぶんじゃ、あっという間にその辺の岩はのうなってしもうた。

 「こりゃいかん。向こうの山まで取りに行かなならん。みんながんばれよ。」と、向うの山の岩も運び始めた。

 大きな木のかげからこれを見ていた善神王様は、「こりゃいかん。いちばんどりが鳴くまでに全部できあがってしまうぞ。大変なこっちゃ、いそがな。パタパタパタ コケコッコー。」と、いちばんどりのまねをして鳴いたんじゃ。  

 あとひとつ岩をつめば岩室が出来あがるという時に、善神王様のいちばんどりの鳴きまねにすっかりだまされた鬼たちは、岩扇山(がんせんざん)をこえ、福万山(ふくまんざん)をこえて塚原(つかはら)の方へ逃げていったということじゃ。

 こうして鬼たちの造りかけた岩室は、今でも平田山のちょうじょうに残り、「鬼ヶ城(おにがじょう)」と呼ばれて人々に親しまれておるわけじゃ。 

 こんなことがあってからこの土地を「岩室(いわむろ)」と呼ぶようになり、里の人々をすくった善神王様は、今でも平田山に祭られ、毎年九月の祭りには、多くのさんぱいしゃがあるということじゃ。

←前のページ

 

このページのお問合せ先
玖珠町役場
〒879-4492
大分県玖珠郡玖珠町大字帆足268番地の5
社会教育課 社会教育係  
電話番号 0973-72-7151  FAX番号 0973-72-5663
更新日:2011/3/18

玖珠町役場

〒879-4492
大分県玖珠郡玖珠町大字帆足268番地の5

TEL 0973-72-1111(代)
FAX 0973-72-0810

役場へのお問合せ