文字の大きさ:

  • 小
  • 中
  • 大
色合い:

山田楽 【 町 ・ 無形民俗文化財 】

山田楽

山田楽は、亀都起神社(大字大隈)の秋季大祭、10月6日に奉納される。
2人1組で14人が杖を使い、御前試合を思わせる「庭楽」、小学生7名による河童に扮する「コモラシの舞」、道化役を演じる「とううちわ」・笛・太鼓・鐘など総勢約35名で演じられる。
明治元年(1868年)に筑後地方から伝えられたといわれている。
演技は、まず笛、太鼓、鐘の囃子に合わせて14人が棒杖を使い、境内まで進む「道楽」から始まる。境内では7組が両方に分かれ、1組が2通りの動作を演じる。その後、楽の由来を述べる儀式があって、河童に扮する「コモラシ」が三様の舞をする。
その間、鬼が出たり、道化役が演じる「とううちわ」などがあり、約2時間に至る勇壮なものである。

 

※現在活動休止中

 

指定文化財の紹介にもどる

 

このページのお問合せ先
玖珠町役場
〒879-4492
大分県玖珠郡玖珠町大字帆足268番地の5
社会教育課 文化財係  
電話番号 0973-72-7151  FAX番号 0973-72-5663
更新日:2017/9/5

玖珠町役場

〒879-4492
大分県玖珠郡玖珠町大字帆足268番地の5

TEL 0973-72-1111(代)
FAX 0973-72-0810

役場へのお問合せ