文字の大きさ:

  • 小
  • 中
  • 大
色合い:

桃太郎像 【 町 ・ 有形文化財 】

昭和13年(1938年)5月、久留島武彦氏の提唱により小倉北区「到津遊園」の敷地内に、北九州桃太郎の会の子供たちによって募金建設されたものである。
戦時中には軍による金属製品の供出があり、この像も要求されたが、武彦の弟子である同園長の阿南哲朗氏によって堅く守られた。
その後、昭和25年(1950年)5月5日、旧森町が久留島武彦の50年にわたる口演童話の偉業を記念して、童話碑を建立するや、桃太郎像をこの地に移し、その碑前を飾り一層意義深い存在とした。
この像は、武彦の懇望により、親友である渡辺長男氏が精魂込めて制作した。渡辺氏は大分県竹田市の出身で、明治天皇像や軍神広瀬中佐像などを彫刻した有名な彫刻家である。

 

桃太郎像

 

指定文化財の紹介にもどる

 

このページのお問合せ先
玖珠町役場
〒879-4492
大分県玖珠郡玖珠町大字帆足268番地の5
社会教育課 文化財係  
電話番号 0973-72-7151  FAX番号 0973-72-5663
更新日:2017/9/5

玖珠町役場

〒879-4492
大分県玖珠郡玖珠町大字帆足268番地の5

TEL 0973-72-1111(代)
FAX 0973-72-0810

役場へのお問合せ