文字の大きさ:

  • 小
  • 中
  • 大
色合い:

石幢 【 町 ・ 有形文化財 】

この塔は通称「六地蔵石幢(せきどう)」と呼ばれるものである。これには「単制」と「重制」があり、これは重制石幢である。この塔は残念ながら「笠」を紛失しており、現在残っている傘は「中台」を応用したものである。また「龕部(がんぶ)」も現在乗っているものは後で乗せたもので、横に下ろされているものが、本来この塔のものである。
「塔身(とうしん)」の銘は、「逆修實庵叟永正二季乙丑三月二日大工四郎三郎」(1505年)とある。
逆修(ぎゃくしゅう)とは被供養者が生前に、死後の冥福を祈ることで、このような塔を「逆修塔(ぎゃくしゅうとう)」と呼んでいる。
このあたりは、「寺床」という地名もあり、当時は寺院があったことが想像される

石幢

 

指定文化財の紹介にもどる

 

このページのお問合せ先
玖珠町役場
〒879-4492
大分県玖珠郡玖珠町大字帆足268番地の5
社会教育課 文化財係  
電話番号 0973-72-7151  FAX番号 0973-72-5663
更新日:2017/9/5

玖珠町役場

〒879-4492
大分県玖珠郡玖珠町大字帆足268番地の5

TEL 0973-72-1111(代)
FAX 0973-72-0810

役場へのお問合せ