文字の大きさ:

  • 小
  • 中
  • 大
色合い:

山下岩戸楽 【 県 ・ 無形民俗文化財 】

山下岩戸楽

山下岩戸楽は、大御(おおみ)神社(大字山下中の原)の9月18日に行われる秋祭りで奉納される。
伝承では、日野善右衛門清賢が藩主久留島公の命によって、日田西有田の庄屋から天和2年(1681年)に山下村庄屋として着任し、日田大行事八幡に伝承されていた磐戸楽を伝えたといわれている。
また神社境内の石祠には、「寛保2年(1792年)2月、奉寄進日野善右衛門清賢」の銘がある。
演技は、まず「道楽」を世話前の地区から神社まで打ち、鳥居を入ると、杖は一列縦隊で「道楽」を一回打つ。境内に入り、6名の杖が2列に並んで庭巡りをし、ハンヤ(般若)楽にあわせて杖を打つ。杖が終わると、拝殿前に莚を敷き、巻物読み・コモラシ宰領・コモラシ4人が順に座る。コモラシの1人が「巻物持ち」から巻物を受け取って、奏上者に渡す。
巻物が読み終わると、太鼓が鳴り始め、囃子方が本楽を打つ。コモラシは、楽にあわせて、「立巡・立居・打合・飛違・中腰・膝付・臥転・向返・後返・返」の十番を舞い、最後に「兵庫モラシ」を舞う。そして宮巡りをして退場する。

 

指定文化財の紹介にもどる

 

このページのお問合せ先
玖珠町役場
〒879-4492
大分県玖珠郡玖珠町大字帆足268番地の5
社会教育課 文化財係  
電話番号 0973-72-7151  FAX番号 0973-72-5663
更新日:2017/9/5

玖珠町役場

〒879-4492
大分県玖珠郡玖珠町大字帆足268番地の5

TEL 0973-72-1111(代)
FAX 0973-72-0810

役場へのお問合せ