文字の大きさ:

  • 小
  • 中
  • 大
色合い:

大岩扇山 【 国・天然記念物 】

大岩扇山

大岩扇山は標高691m森川左岸にあり、頂上部がテーブル状の形をした溶岩台地である。これはメサと呼ばれ、玖珠盆地周辺の多くの山々はこの山容を成す。玖珠川を挟んで標高1140mの万年山は、上下二段の二重メサとしても有名である。大岩扇山はこの独特な景観から、昭和10年(1935)に国の天然記念物として指定された。また、耶馬日田英彦山国定公園区域にも入っている。

 この山の南側には、標高720mの小岩扇山があり、二つの山の間には江戸時代森藩の

参勤交代道がのびている。地元では、この岸壁の柱状摂理を櫛に見立て、大岩扇山を男櫛、

小岩扇山を女櫛と呼んでいる。

 

指定文化財の紹介にもどる

 

このページのお問合せ先
玖珠町役場
〒879-4492
大分県玖珠郡玖珠町大字帆足268番地の5
社会教育課 文化財係  
電話番号 0973-72-7151  FAX番号 0973-72-5663
更新日:2017/9/5

玖珠町役場

〒879-4492
大分県玖珠郡玖珠町大字帆足268番地の5

TEL 0973-72-1111(代)
FAX 0973-72-0810

役場へのお問合せ