文字の大きさ:

  • 小
  • 中
  • 大
色合い:

万年山だより23 「豊後森機関庫」と「蒸気機関車」

 

  福岡県の久留米駅と大分駅を結ぶJR久大本線の中間点にあたる我がまち玖珠町に豊後森駅があります。  

蒸気機関車が華やかかりし昭和30年代、豊後森駅機関庫、転車台、保線区等があり、鉄道の町として 多くの鉄道関係の仕事に従事される方がいました。

また、県事務所、保健所、営林署など公的機関等、そして映画館も3カ所もあり、玖珠町が一番賑やかで、人口も多い時期でもありました。

当時の面影を今でも残した扇型の豊後森機関庫と転車台は、多くの住民の方々より「保存して欲しい」という要望を受けまして、玖珠町が購入し、近代化産業遺産、そして国の登録有形文化財として現在も残っています。

   この豊後森機関庫については、故 森田芳光監督の遺作となった映画「僕達急行A列車で行こう(俳優の松山ケンイチさん、瑛太さんらも出演)」のロケ地となりましたので、ご存知の方も多いと思います。

そして、この度6月10日に、福岡県志免町で老朽化のために解体処分が決定していた蒸気機関車を多くの住民や鉄道ファンのご要望に基づき、玖珠町が譲り受け、補修をしたうえで静止保存、設置することができました。


 


 

  この蒸気機関車は、大正3年に製造され、もうすぐ100歳となるもので、終戦当時長崎本線で活躍していたことから長崎の原爆投下時には被災者を搬送するなど、歴史の中で活躍してきたもので、志免町の南里辰己氏(前町長)は、「解体処分が、議会で決定されたこととはいえ、ただの鉄くずとしてこの世からなくなるのは、忍びない、どうかして保存する方法はないものか」と夜も眠れなかったとお聞きしました。

   

そんな折、全国の鉄道ファンや玖珠町民の方々から、「九州で唯一の扇形機関庫のある玖珠町なら、保存してくれるのではないか、保存して欲しい」とのお手紙、メールが届きはじめ、ひいては玖珠町議会に保存要望陳情書が提出され、これをわが玖珠町議会において、全会一致で保存することが採択されました。

そして、昨年4月、志免町と玖珠町で同蒸気機関車の無償譲渡契約を締結したうえで、一旦福岡県直方市に補修のために移送保管し、本年6月10日に豊後森機関庫公園に移設することができました。

プレート設置式

 
 今後においては、豊後森機関庫公園として、まちの活性化に向けて、住民の方々のご理解とご協力のもと、みんなで知恵をしぼり、貴重な観光素材としていきたいと考えているところであります。また、今回の事案でご縁をいただいた志免町は、玖珠町から一時間ちょっとで行き来できる距離にある、日本一の人口密度を誇る都市圏の町で、現在その志免町の方から今後の都市と農村の交流についてご相談、ご提案をいただいているところであり、観光交流人口の増加を目指して積極的に取り組んでまいりたいと考えているところであります。

 

   町長の部屋に戻る

 




このページのお問合せ先
玖珠町役場
〒879-4492
大分県玖珠郡玖珠町大字帆足268番地の5
総務課 総務係  
電話番号 0973-72-1111  FAX番号 0973-72-0810
更新日:2017/8/8

玖珠町役場

〒879-4492
大分県玖珠郡玖珠町大字帆足268番地の5

TEL 0973-72-1111(代)
FAX 0973-72-0810

役場へのお問合せ